青の花茶 効果

青の花茶を効果的に飲むには・・・



青の花茶に限らず、ダイエット食品で効果を出すにはポイントがあります。
それは、「続けること」です。

メーカーが推奨している利用期間は必ず飲み続けることを決めて、毎日飲むようにしましょう。

口コミなどで効果がないといっている人のレビューを見ていると、ほとんどの人が、途中で飲むことを止めています。やっぱり毎日同じものを飲み続けるのは飽きてしまうようです。

だから、飽きる事を前提に飲み始めましょう。

青の花茶は色んなフルーツなどを混ぜて飲むことができるんです。
オススメはオレンジを絞って入れるのがおいしいですが、オレンジジュースでもOK。
あとは豆乳で割るとミルクティーのような感覚で飲めちゃいます。
そして、生姜を入れてジンジャーティーにしてもいいでしょう。

色んなアレンジができるので、「飽きて飲まなくなる」ことはなさそうですね。

980円でスタートできる



とはいっても、毎日飲み続ける強い意志はなかなか持てないですよね。
そもそも、美味しくなかったら毎日のティータイムが苦痛でしかなくなります。

そこで覚えておいてほしいのが「初回980円」と「30日間返金保証」です。
青の花茶は通常価格5,680円ですが、ラクトクコース(4ヶ月以上の継続購入)なら初回980円でスタートできます。2回目以降は19%OFFの4,580円で購入できます。でも、美味しくないのに毎月4,580円はありえない!!

だから初回980円で「続けることができるか」を試してみましょう!そのときチェックするのは

・苦手な味ではないか?
・苦手な匂いではないか?
・副作用はないか?

です。もし1つでも疑問があれば「30日間返金保証」で退会できます。
※「30日間返金保証」の条件は「商品・商品パッケージ・明細書」の3点をすべて返品する必要があります。明細書は公式サイトからの申し込みじゃないと発行されないので、お試しで購入したい人こそ公式サイトから申し込みましょう。

公式サイトはこちら


なぜ青いの?

ほとんどの人が青の花茶の色に驚くと思います。青いお茶なんて見たことがないですよね。
カキ氷のブルーハワイシロップみたいな人工的な色を連想するでしょうが、この青は天然色素そのものの色なんです。

秘密はバタフライピーという花の成分。美容大国のタイではメジャーなハブティーと同じ色です。
ちなみにタイ語では「アンチャン」と呼ばれています。

バタフライピーはブルーベリーと同じ成分のアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは以前からアンチエイジングには欠かせない成分として有名ですが、バタフライピーに含まれるアントシアニンは血液をサラサラにしてくれるんです。

そもそも太る原因は?



どうしたら太らないと思いますか?それは

・バランスの取れた食事
・食べ過ぎない
・運動する
・ストレスを溜めない

など・・・。現代人には難しいですよね。
仕事をしていたら時間内に食事を取らなければならないからバランスまでキチンと考えることができないし、パソコンやスマホがあるから日常生活の運動量が減っていると言う現実。

だからこそ、健康的にダイエットをするにはサプリメントを効果的に使いましょう。
1日1回飲むだけだから続けられると思ったら大間違いです。人間は今までの習慣にないものは自然とストレスを感じで遠ざけようとする生き物です。だから、今まで習慣化しているものの代替品が長続きする秘訣なんです。

青の花茶は、

・毎日の間食に変わって飲む
・食後のデザートやティータイムに変わって飲む

それに、食事制限不要で運動も必要ないから日常生活を変える必要がないんです。
今までどおり過ごすだけで効果が期待できるので自然と続けることができると思います。


 

サイトマップ